技術
技術
藪崎工務店
東京でデザインと技術にこだわる建設会社
 
お問い合わせ

TEL 0120-39-6571

制振ダンパーによって揺れを吸収して高層の重量鉄骨造を可能にします

 

制震ダンパーを採用

鉄筋コンクリート造と比較してコスト的にメリットの大きい重量鉄骨造ですが、5階建て以上の高層の建物を建築する場合は、ゆれの問題を解消しなければなりません。
そこで、藪崎工務店が採用しているのが、「制震ダンパー」です。この油圧式制震ダンパ(ハイビルダム)は、建物が揺れる際の振動エネルギーを油の流体抵抗によって吸収し、建物の揺れを抑えて安全性と居住性を高める油圧式制震装置です。
これを適切な位置に配置することで、建物揺れを大きく解消することが可能となりました。
狭小地対応高層賃貸マンションの「SLIT]はこの技術を活用しています。